宝くじ当たったのでJK買ってみた 2話

 

【無料試し読みはこちら】
▽   ▽   ▽
クリック!

サイト内で「宝くじ当たったのでJK買ってみた」で検索すると無料試し読みできます。

 

 

「あっんあっあっあっんああん! ちょっ……あっ! ちんぽがいい! ちんぽ入れて!」

 

「んああん! いっぱい入ってきたぁ」

 

 

「ちんぽがいいのにぃ~!」

押さえつけて痙攣した。

 

 

「んあああああっ!」

 

 

「はぁ~、イカされちゃったらしかたないな」

 

「あうううんっ! はっあっ! んあん!」

右手で電マを操り左手でブラウスのボタンを三つ外して隙間に腕をねじ込んだ。

 

 

「あああっおっぱいきもちぃ! ヤバい」

 

「あっ! イク!!」

腰の角度、嬌声を漏らす口の開き具合、熱くなる瞳の色を見て快感の度合いを調節する。

「あっ! あっあっあうっんんうんっああー」

 

ほどほどにね?」

ぬぽんっ、と、肉棒が解放される。

 

「先っぽだけ! ね!?」

 

「あうん……んっもう……あうんぢゅっうちゅ……ううん、ね……はっ……あぁちんぽ欲しい」

 

「んあああっ! ちんぽちょうだい! あっあっんああん! おまんこブルブルしてる~!」

 

 

 

「ふああうんんっあふうん!」

 

 

「んちゅっんっああううんっ! 気持ちいい! ぢゅうふんっ……イっちゃう……んんんっ!」

 

 
 

【続きはこちら】
▽   ▽   ▽
クリック!

サイト内で「宝くじ当たったのでJK買ってみた」で検索すると無料試し読みできます。