宝くじ当たったのでJK買ってみた1話 処女のマンコに差し込む

宝くじ当たったのでJK買ってみた

 

【無料試し読みはこちら】
▽   ▽   ▽
クリック!

サイト内で「宝くじ当たったのでJK買ってみた」で検索すると無料試し読みできます。

 

「あっはっ……ん、んっ……はっ」

 

(どうしよう、どうしよう……ダメ!)

 

 

「あぁ……ん、ん、んっあっはっ」

 

 

「はぁはぁ……はぁぁ、ん、あ……」

 

 

 

男性だらけだった。

 

 

(あ、すごい……ドキドキ……とまらない……興奮しちゃう)

 

 

「ふぅ……ふ、はぁ……」

体温がさらにあがってガラスが曇った。

(乳首たってきちゃった……見つかっちゃう)

 

 

 

「んっ……ん、」

それでも指はかたくなに、入り口にも肉芽にも触れない。

 

 

「おちんちんは好き?」

言葉が脳に達した瞬間頭は真っ白になった。

 

 

(おちんちん? おちんちんってなんだっけ? おっきくて……あつくて……かたくて……きもちいい……おちんぽ)

 

 

 

「んんんっ……はー、はー」

 

 

 

「電車の中で知らないおじさんに犯されちゃってるね」

 

 

(言わないで! イっちゃう!)

 

 

肉棒が肉芽まで届いた。腰が跳ね上がり太モモが肉棒を締めつける。

 

 

(すごい! すごい! おちんぽびくんびくんしてる)

 

 

「んー、んー……はぁぁ」

 

 

「セーエキかけちゃうよ?」

「はぁん」

 

 

 

「君、おっぱいおっきいねぇ」

 

 

 

「はっ……あ、あ、……あ」

 

 

 

「イっちゃう! イっちゃう! おっぱい押しつけられてイっちゃうぅ!」

 

 

【続きはこちら】
▽   ▽   ▽
クリック!

サイト内で「宝くじ当たったのでJK買ってみた」で検索すると無料試し読みできます。